食後の脳の働き

朝食を食べた人と食べてない人で絵の記憶や単語の記憶にどのような違いがあるかを比較したところ朝食を食べたグループが明らかに優れた成績が出た
という実験結果があります。
朝食を食べないで会社にいったり学校に行ったりすると
脳はブドウ糖不足のため十分な力を発揮することが出来なくなります。

食後の方が脳の機能が良くなるという結果が出ているのですが
食後すぐは胃や十二指腸に血液が集まり脳に行く血液は減って眠たくなります。この時は脳の機能も低下しています。
食べたものにもよりますが脳の機能が最も良くなるのは食後2時間前後あたりだという結果が出ています。
この結果からすると食後はゆっくり休んで2時間前後あたりから仕事や勉強を始めるのがBESTといえるでしょう。

「2時間も待ってられへんっちゅーねん~(=`(∞)´=)」
という声が聞こえてきそうです(;・∀・)
食後すぐに動かないといけないときはなるべくゆっくりエネルギーをケチりながら行動してください。身体も脳もフル回転することををせずゆっくりと動かしてくださいカメ

関連記事

  1. 身体も心もバラバラ

  2. 肝臓の影響

  3. 不慣れな動作は脳を活性化する

  4. 肩関節周囲炎の症状

  5. 運動は認知症を防ぐ

  6. 低体温で免疫力低下

  7. 夏こそ身体は冷えています

  8. 胸椎の神経支配

  9. 糖質制限ダイエットの危険性 その2

PAGE TOP