心臓の影響

五臓の中でもっとも重要な臓器で全身に血液を送り出すだけではなく精神思考判断処理・意識言語機能など中枢神経の働きや汗の分泌をつかさどります。

と関連の深い臓器・器官】
心臓と対の六腑は小腸です。
にも顔や舌との関連性が深く、顔色言語舌の運動味覚などはの影響を受けます。

が不調になる原因】
栄養不足や栄養過多による肥満・水分の過剰摂取・強い精神的ショック・持続的な精神的ストレスや睡眠不足

の不調による症状】
神経衰弱・心臓神経症冠状動脈不全・発熱・健忘症・顔面の紅潮・イライラ・動悸・不眠・不安・口内炎・舌の炎症・身体の冷え・寒気・顔面蒼白・貧血・自律神経失調・不眠症・口や喉の渇き・ほてり

関連記事

  1. o0600041313090011627[1]

    アーユルヴェーダ的1日の過ごし方

  2. lgf01a201405151800[1]

    食後の脳の働き

  3. o0481031813098230599[1]

    この時期は緑茶と飴ちゃん

  4. 4978429703_5b33b8cb32_b[1]

    夏こそ身体は冷えています

  5. t02200219_0613060912950801153[1]

    糖新生

  6. o0500050013164614816[1]

    基礎体温を上げるためにしてほしいこと

  7. o0500037513164617314[1]

    体温と生命力

  8. o0600045913017779594[1]

    東洋医学の五臓と七情

  9. 尾骨

    尾骨の神経支配

PAGE TOP