秋の初めの症状

秋から冬にかけてヴァータの季節に変わりますが

空気が冷たくならない間はピッタ(火)の影響を受けます。

秋本番になるまでは血液にピッタの熱が残っているので胃や肝臓に疲れが溜まりやすく吹き出物、かゆみ、炎症などの皮膚の疾患が出やすくなります。

食事は渋味、苦味、甘味を中心にすると増加したピッタを静めてくれます。

そして空気が冷たくなり秋が深まりだすとヴァータ(風・空)の影響を強く受けますので皮膚の乾燥、便秘、不安、落ち込みなどが出やすくなります。

食事は温かく、水分の多いものを心がけてください。

甘味はヴァータ、ピッタを鎮めます。

オイルマッサージもお勧めです。

関連記事

  1. o0607060713681446399[1]

    ラムネで栄養補給

  2. o0450029313012379341[1]

    ビタミンCの摂取で老人性白内障を防げる

  3. t02200220_0500050012955352654[1]

    不慣れな動作は脳を活性化する

  4. o0600041313090011627[1]

    アーユルヴェーダ的1日の過ごし方

  5. o0607040413029859772[1]

    肺臓の影響

  6. o0607037913016794502[1]

    不眠症の原因

  7. o0800053013244288779[1]

    春の初めの症状

  8. o0500040613164601583[1]

    低体温で免疫力低下

  9. 頸椎

    頸椎の神経支配

PAGE TOP