低体温で免疫力低下

身体の免疫システムは大きく分けると白血球の中にある顆粒球とリンパ球から成り立っています。

これらの免疫細胞は適正な温度でもっとも良く働のですが、その理想的な体温が36.5度といわれています。

1度下がるだけで免疫力は30~40%低なるそうです

そしてガン細胞は低い体温を好み特に35度前半になると増殖しやすいといわれています。

病気の時に熱が上がるのも体温が免疫力と関係している証拠。

発熱することで発熱することで自ら免疫システムを活発に 働かせようとしています。

体温を36.5度以上を保つと病気になりにくいといえます。

関連記事

  1. 春の初めの症状

  2. 頸椎の神経支配

  3. 体温と生命力

  4. 身体も心もバラバラ

  5. 肝臓の影響

  6. ラムネで栄養補給

  7. 不慣れな動作は脳を活性化する

  8. 心臓の影響

  9. 仙骨の神経支配

PAGE TOP