腎臓の影響

水分代謝・成長・発育・生殖をつかさどります。

【関連の深い臓器・器官】
は六腑の中の膀胱と密接な関係にあります。
他にも骨髄尿道肛門生殖器腎の影響を受けています。

が不調になる原因】
身体の冷やしすぎ・長期の立ち仕事・重労働・過労・飲酒過多・塩分の取りすぎ・恐れを伴う精神的ストレス・性生活の不摂生

の不調による症状】
発熱しやすい・のぼせ・耳鳴り・めまい・腰や膝のだるさ・不眠・寝汗・喉の渇き・舌が赤くなる・勃起状態が続く、あるいはインポテンツ・多夢・精神不安・不妊・身体の冷え・頻尿・夢精・生殖機能の低下・歯が抜ける・白髪・耳が遠くなる・足腰の弱り・子供の発育の遅れ・むくみ

関連記事

  1. o0500056413164612248[1]

    低体温と美容効果

  2. 頸椎

    頸椎の神経支配

  3. o0600045913017779594[1]

    東洋医学の五臓と七情

  4. o0607040413029859772[1]

    肺臓の影響

  5. 仙骨

    仙骨の神経支配

  6. t02200220_0500050012955352654[1]

    不慣れな動作は脳を活性化する

  7. 胸椎

    胸椎の神経支配

  8. o0500049913160727223[1]

    基礎体温について

  9. o0607049512966267813[1]

    肩関節周囲炎の症状

PAGE TOP