腎臓の影響

水分代謝・成長・発育・生殖をつかさどります。

【関連の深い臓器・器官】
は六腑の中の膀胱と密接な関係にあります。
他にも骨髄尿道肛門生殖器腎の影響を受けています。

が不調になる原因】
身体の冷やしすぎ・長期の立ち仕事・重労働・過労・飲酒過多・塩分の取りすぎ・恐れを伴う精神的ストレス・性生活の不摂生

の不調による症状】
発熱しやすい・のぼせ・耳鳴り・めまい・腰や膝のだるさ・不眠・寝汗・喉の渇き・舌が赤くなる・勃起状態が続く、あるいはインポテンツ・多夢・精神不安・不妊・身体の冷え・頻尿・夢精・生殖機能の低下・歯が抜ける・白髪・耳が遠くなる・足腰の弱り・子供の発育の遅れ・むくみ

関連記事

  1. o0481031813098230599[1]

    この時期は緑茶と飴ちゃん

  2. o0800053013244288779[1]

    春の初めの症状

  3. o0607040313029859770[1]

    心臓の影響

  4. o0600041313090011627[1]

    アーユルヴェーダ的1日の過ごし方

  5. 4978429703_5b33b8cb32_b[1]

    夏こそ身体は冷えています

  6. 尾骨

    尾骨の神経支配

  7. o0500045013204407096[1]

    枕の高さ

  8. o0500037513164617314[1]

    体温と生命力

  9. t02200219_0613060912950801153[1]

    糖新生

PAGE TOP