肺臓の影響

呼吸器の中枢器官ですが東洋医学では全身の気・血・水の流れを統括します。呼吸によって大気を取り込み体内の汚れた気を排出します。

【関連の深い臓器・器官】
と対になる六腑は大腸です。
鼻・喉などの呼吸器皮膚との関連が深く、皮膚呼吸や発汗も肺が調整します。

が不調になる原因】
肺は呼吸を通して外気と接するためウイルスなどの病因に侵されやすいのです。
冷えや乾燥にも弱く、秋と冬には注意が必要です。

の不調による症状】
肺炎・咳・呼吸困難・皮膚の乾燥や湿疹・肩、背部の痛み・鼻づまり・臭覚異常・手のひらの発熱・寒気・息切れ・疲れやすい・薄い痰・口や喉の乾燥・舌が赤くなる・汗がでるべきではない状況で発汗する

関連記事

  1. o0500037513164617314[1]

    体温と生命力

  2. skeleton-41569_960_720[1]

    腰椎の神経支配

  3. t02200220_0500050012956138056[1]

    運動は認知症を防ぐ

  4. o0607049512966267813[1]

    肩関節周囲炎の症状

  5. o0600045913017779594[1]

    東洋医学の五臓と七情

  6. o0500033113204407094[1]

    寝室の環境設定

  7. 胸椎

    胸椎の神経支配

  8. o0500056413164612248[1]

    低体温と美容効果

  9. o0500045013204407096[1]

    枕の高さ

PAGE TOP